Home > プロジェクト紹介

プロジェクト紹介

ナショナルバイオリソースプロジェクト 「病原微生物の収集、保存、提供体制の整備」

プロジェクトの目的

細菌・真菌(含む放線菌)・原虫のいずれにおいても、

  1. 基準株
  2. BSL2、3の高度病原菌
  3. これまで感染例の報告のある菌種、新鮮な臨床分離株を収集・保存・提供することを主たる目的としている。また、個々の菌株においては、質的向上を図るために、
  4. 重要な菌株の遺伝子情報を整備し、今後いかなる感染症が起った場合でも、確実に対応できる病原微生物株のコレクションを目指している。

プロジェクトの概要

感染症の重要性が高まる昨今、感染症教育や基礎研究の他、新しい診断薬や薬剤の研究には、質の高い病原微生物の菌株が必要である。第一期、第二期の NBRP 「病原微生物」に引き続き、中核機関として千葉大学真菌医学研究センター(真菌・放線菌)が、分担機関として大阪大学微生物病研究所及び岐阜大学(細菌)と長崎大学熱帯医学研究所(原虫)が病原菌株の収集、保存、提供を行う事業である。細菌・真菌(含む放線菌)・原虫のいずれにおいても、(1) 基準株(あるいは標準株)の充実、(2) クラス 2、3 の高度病原菌、 (3) これまで感染例の報告のある全ての菌種、感染症の動向調査や薬剤開発のために必要となる新鮮な臨床分離株等を収集・保存・提供することを主たる目的としている。また、個々の菌株においては、質的向上を図るために、(4) 重要な菌株の遺伝子配列(細菌は 16S rDNA、真菌では ITS、D1/D2 の塩基配列、原虫では必須遺伝子等)を決定し、さらに、独自のデータとして、チトクローム b、gyrB、dnaJ 等の遺伝子情報、最新の菌学的性状、及びMALDI-DOF MASS情報による網羅的なタンパク情報、や分離株の臨床情報等をデータベースとして整備し、研究等に使用する菌株の選択に役立つ情報として公開する。高付加価値の保存株は、感染症教育や研究に提供されるばかりでなく、今後起こりうるいかなる感染症にも対応可能なレファレンスとしての病原微生物株コレクションを目指している。


矢口貴志   
千葉大学真菌医学研究センター  バイオリソース管理室長

page-top